ネット上の車査定に関する話題や口コミ情報を見てみると、実に様々

一般論を言うと、買取業者から中古車売買に関する

一般論を言うと、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

遺産相続の手続きの際や、自己破産申告を行う際の資産証明などで車の査定書がどうしても必要になった時には、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。 続きを読む

本来ならば車を売るときには、ボディにキズや凹みは無い方が

車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、自

車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。オークションをするときには、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。 続きを読む

事故車両の時は、修理代にお金をかけても、事故以前と同

新車に購入し直す時、今まで使ってきた車は専属の販

新車に購入し直す時、今まで使ってきた車は専属の販売店で下取りしてもらう方が多くいると思います。

でも、ディーラーでの判定では製造年と走行した距離で決められてしまう場合がだいたい多くなっていますから、新車ではない車を扱う市場で、人気がある自動車でもそれほど高いお金の査定は心待ちにはできないでしょう。 続きを読む

買取店から出された中古車査定金額に自分が納得できな

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、普通、10000kmが目安と言われます。そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。 続きを読む